kano cord
加納京太のお仕事情報や趣味や生存報告。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を!
 ついに大みそか。今年も最終日となってしまいました。
 コミケに参加された方々、お疲れ様でした<(_ _)>

 日記が滞っており恐縮ですが、12月は色々とこまごまなことをやったりやられたりしておりました。
 来年には何かしら新しいご報告ができるといいなー。
 (*╹▿╹)子供をお腹に宿しましたとか(宿らん宿らん)。

 エンジョイ方面では、最終日ギリギリにスロヴァキアの切手展にも行ってきたりもしましたよ!

スロヴァキアの切手展02

スロヴァキアの切手展01


 名だたる絵本作家や画家の描かれた美しい切手の数々。
 サイズにして10平方センチメートル足らずの小さな空間に、凝縮された世界。
 元となった大きな原版があると言うのに、切手でも、その隅々まで味わおうと凝視して参りました。

 切手だけでなく、スロヴァキアの文化を伝えるコーナーでは、
 レースの編み物や、民族衣装、
 それに地方地方の衣装の違いを見せる手縫いの人形などが展示されていて。

 女性たちが藁で作った人形を川に流して春を呼ぶお祭り
“Banishing of Water”など、初めて知った文化もありました。

 鑑賞中、時折鳴り響くコシツェの鐘の音にスロヴァキアの空気を感じつつ、
 階上の通信博物館の黒電話の音に驚いたり(笑)しながら、堪能して参りました。
 会場自体はコンパクトでありましたが、次に開かれることがあればまた行ってみたいと思えるような内容。

 このツイートがRTされてこなければ、縁のない展示だったんだよなぁ。

> Twitter / teishinmuseum: (…きこえますか…みなさん…逓信総合博物館です…今… ...

 ツイッター、すごい。


 今回展示されていたものなどを集成された本が来年の春ごろ発売されるそうですので、
 気になられる方は購入を検討されてはいかがでしょうか?
 私も欲しいですけど、ちょ、ちょっとお高い……。

> Amazon.co.jp: World of Stamps: Frantisek Horniak, Antonia Paulinyova: 洋書


 また、久しぶりにシルバー会員からゴールド会員に戻しましたので、
 アルカプもちょろちょろ遊んでいきたいところ。
 7th程度のヘタレ野郎ですが、ランクマなどでぶつかりましたら胸を貸してやってくださいませ。
(回線の調子が悪く、切断してしまうことがあるのですが、その点はご容赦を……
 決して敗北しそうになったから逃げているのではないんです(涙))


 以上、そんな感じで今年最後のblog更新とさせていただきます。


 皆さま、良いお年を。
 そして来年が笑顔多き年になりますように。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kanokt.blog.fc2.com/tb.php/19-8294de53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

加納京太

Author:加納京太
ろくでもないことばかり考えている、フリーダムな売文屋。
主に加納京太名義でゲーム企画、シナリオなどをやらせていただいています。
これまでの仕事履歴はこちらとなります。
お仕事のご依頼がありましたら、下記のメールアドレスまでお願い致します。
mail:kanokt19@gmail.com
TwitterID:kanokt

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。